おすすめ本|社会人の勉強本

アクセスカウンタ

zoom RSS IT資格紹介|システム監査技術者試験

<<   作成日時 : 2012/04/14 14:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

システム監査技術者試験とは、高度ITの専門分野を問う試験です。国家試験となります。
IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が主催しており、主にシステム監査担当者を対象とする資格です。
情報処理技術者試験の中で、最高位レベル4にランクされる資格です。

被監査対象から独立した立場で、システムが経営に貢献しているかを判断する能力が求められます。
高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能を持っているということが証明される資格です。

資格取得の基本情報は以下の通り。

-----------------------------

■出題範囲(午前T)

 スキルレベル3の共通問題として全分野が出題される
  ・テクノロジ系
  ・マネジメント系
  ・ストラテジ系

■出題範囲(午前U)

重点出題分野のうち、レベル4、レベル3に分けて出題されます。

★スキルレベル4
・システム監査
 システム監査、内部統制

・法務
 知的財産権、セキュリティ関連法規、労働関連・取引関連法規、
 その他の法律のガイドライン、技術者倫理、標準化関連

★スキルレベル3
・データベース
 データベース方式、データベース設計、データ操作、
 トランザクション処理、データベース応用

・ネットワーク
 ネットワーク方式、データ通信と制御、通信プロトコル、
 ネットワーク管理、ネットワーク応用

・セキュリティ
 情報セキュリティ、情報セキュリティ管理、セキュリティ技術評価、
 情報セキュリティ対策、セキュリティ実装技術

・システム開発技術
 システム要件定義、システム方式設計、ソフトウェア要件定義、
 ソフトウェア方式設計・ソフトウェア詳細設計、
 ソフトウェアコード作成およびテスト、
 ソフトウェア結合・ソフトウェア適格性確認テスト、 
 システム統合・システム適格性確認テスト、
 ソフトウェア導入、ソフトウェア受入、ソフトウェア保守

・サービスマネジメント
 サービスマネジメント、運用設計・ツール、サービスサポート、
 サービスデリバリ、サービスマネジメント構築、
 ファシリティマネジメント

・経営戦略マネジメント
 経営戦略手法、マーケティング、ビジネス戦略と目標・評価

・企業活動
 経営・組織論、OR・IE、会計・財務

■出題範囲(午後)

1.情報システム・組込みシステム・通信ネットワークに関すること
 …経営一般、情報戦略、情報システム、組込みシステム、
  通信ネットワーク、ファイルシステムやデータベース、
  ソフトウェアライフサイクルモデル、プロジェクトマネジメント、
  IT サービスマネジメント、リスク管理、
  品質管理、情報セキュリティ関連技術、
  情報セキュリティポリシ、事業継続管理 など

2.システム監査全般に関すること
 …IT ガバナンス、IT 統制、
  情報システムや組込みシステムの企画・開発・運用・保守の監査、
  業務継続管理の監査、
  システム開発プロジェクトの監査、情報セキュリティ監査、
  個人情報保護監査 など

3.システム監査の計画・実施・報告に関すること
 …監査計画、リスクアプローチ、監査の実施、
  コンピュータ支援監査技法、
  ディジタルフォレンジックス、監査報告、
  フォローアップの実施、
  システム監査業務の管理  など

4.システム監査関連法規に関すること
 …情報セキュリティ関連法規、個人情報保護関連法規、
  知的財産権関連法規、労働関連法規、法定監査関連法規、
  システム監査及び情報セキュリティ監査に関する基準・ガイドライン・施策、
  内部監査及び内部統制に関する基準・ガイドライン・施策 など

■回答形式

 午前T・U:多肢選択式(四肢択一)
 午後T:記述式
 午後U:論述式

■試験時間

 午前T:30問 50分
 午前U:25問 40分
 午後T:4問(そのうち回答2問) 90分
 午後U:3問(そのうち回答1問) 120分

■合格基準

 各時間区分の得点がすべて基準点以上の場合に合格とする。

 午前T:60点/100満点
 午前U:60点/100満点
 午後T:60点/100満点
 午後U:ランク A

※ランクAとは:設問で要求した項目の充足度、論述の具体性、内容の妥当性、論理の一貫性、見識に基づく主張、洞察力・行動力,独創性・先見性、表現力・文章作成能力などを評価の視点として、論述の内容を評価する。その上で合格と判断された場合にランクAとする。しかし、問題冊子で示す “解答に当たっての指示”に従わない場合は、論述の内容にかかわらず、その程度によって評価を下げることがある。

■資格の有効期限

有効期限という概念はありません。
 
情報処理技術者試験は、情報処理技術者としての「知識・技能」について、「受験時において、ある水準以上であること」を認定する国家試験ですので、過去の試験合格が無効となることはありません。

なお、過去の試験合格が新しい試験に移行するということもございませんので、自動的に「旧試験区分合格=新試験区分合格」とはなりません。

■申込方法

 試験の開催は秋期(10 月 第 3 日曜日)の年 1 回になります。
 受験料は5100円
 IPAのホームページにて申し込みが可能です。→こちら

-----------------------------

IPAのHPはコチラ↓
http://www.ipa.go.jp/

よろしければ、自身のキャリアアップのため、資格取得に挑戦してみてはいかがでしょうか。
人気ブログランキングへいつも訪問ありがとうございます!
←よろしければ1日1ポチいただけると励みになります

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

オススメサイト

・IT本の紹介
・旬の話題でランキング!

応援御礼

応援ポチ励みになります
1日1ポチに感謝m(_ _)m

人気ブログランキングへ

相互リンク募集中

↓↓お気軽にどうぞ!↓↓

相互リンクはこちら♪

かんたん相互リンク

自動相互リンク

IT資格紹介|システム監査技術者試験 おすすめ本|社会人の勉強本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる