おすすめ本|社会人の勉強本

アクセスカウンタ

zoom RSS 改訂新版 PICで楽しむ USB 機器自作のすすめ(著:後閑 哲也)

<<   作成日時 : 2012/04/28 20:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0


USB(Universal Serial Bus)は高速シリアル通信規格です。
かつてさまざまなインターフェースが混在しており、RS232Cが多くPCに取り付けられていましたが、最近ではUSBを利用しているPCがほとんどになりました。

しかしRS232Cはハードウェアで接続すればいきなり送受信が可能だったのですが、USBはプラグ&プレイという概念が存在するため、USB接続機器を製作するのは難しいとされてきました。

そこで、USB対応PICマイコンと、USBフレームワークを使い、USB規格の詳細を知らなくてもUSB通信を可能にする、という内容で、本書で解説してくれています。

USB 機器の自作を試してみたいと考えている方におススメです。
-----------------------------------
■目次

第一章 USB概要
第二章 USB2.0対応PICマイコンの概要
第三章 開発環境とUSBフレームワーク
第四章 HIDクラスの使い方
第五章 CDCクラスの使い方
第六章 大容量記憶クラスの使い方
第七章 汎用USBクラスの使い方
-----------------------------------
■著作権
著 者 後閑 哲也
発行年 2011年9月15日
発行者 片岡巌
発行所 株式会社技術評論社
-----------------------------------
↓興味がある方はぜひ読んでみてください。

人気ブログランキングへいつも訪問ありがとうございます!
←よろしければ1日1ポチいただけると励みになります

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

オススメサイト

・IT本の紹介
・旬の話題でランキング!

応援御礼

応援ポチ励みになります
1日1ポチに感謝m(_ _)m

人気ブログランキングへ

相互リンク募集中

↓↓お気軽にどうぞ!↓↓

相互リンクはこちら♪

かんたん相互リンク

自動相互リンク

改訂新版 PICで楽しむ USB 機器自作のすすめ(著:後閑 哲也) おすすめ本|社会人の勉強本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる