おすすめ本|社会人の勉強本

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒラリーとライス アメリカを動かす女たちの素顔 (著:岸本 裕紀子)

<<   作成日時 : 2012/04/21 22:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0


ともにアメリカ政府、国務長官を歴任している、ヒラリーとライス。脚光を浴びている二人なだけに、その人物像や生い立ちなど、理解しておけば今後の政局展開をより深く読み解けるかも。そんな考えを持っている人にオススメの一冊です。

この本の主役は、ヒラリー・ロダム・クリントンとコンドリーザ・ライス。両名とも誰しも一度は耳にしたことがある超有名人です。

ヒラリーが有名になったのは、もちろんクリントン大統領夫人という立場が大きかったでしょう。
クリントン大統領の女性問題に対し、陰で支えるヒラリーの姿に好感を持った人は多かったとのこと。
そしてただ単にお飾りとしてではなく、クリントン大統領に協力し実務に携わっていました。
医療保険制度改革に取り組み、失敗はしたものの、「もっとも優秀な弁護士100人」に選ばれたこともある通り、世間からは優秀な人材とみられることが多いのではないでしょうか。
もちろん、その後の大統領選への出馬、国務長官への就任など、話題に事欠かない人物です。

対してライスは、そつがなく、ずっと脚光を浴びているイメージが強いでしょうか。
ブッシュ(父)政権では国家安全保障会議の重役を務め、その後ブッシュ(息子)政権では国家安全保障担当補佐官を務めるなど、政権の中で非常に重要なポジションを任されています。

また政治と離れて、一般企業にも広く貢献しており、取締役として企業経営に参画しています。
それだけではなく、スタンフォード大学の事務局長として、同大学の再建に見事成功した経歴もあり、非常に多岐にわたる活躍を見せています。

そんな二人の生い立ち、性格、学歴、政治信条などを比較し、よりお互いを理解しようという趣旨で、本書にて解説をしてくれます。

かなり広く両者を紹介してくれているので、両者を理解するための入門書として、オススメできる本です。

今後も活躍の場を広げることが予想されている二人だけに、一度その人物像を理解することは、非常に有益なのではないでしょうか。

─────────────────────
■目次

第一部 ヒラリーとライスは男性たちとどう付き合っているのか
 第一章 キャリアの特徴
 第二章 人との関係の作り方
 第三章 キーパースンとの関わり方

第二部 ヒラリーとライスの生い立ち
 第四章 コンドリーザ・ライス
 第五章 ヒラリー・ロダム・クリントン

第三部 ヒラリーとライスを女性たちはどう見ているか
 第六章 スタイルを知る
 第七章 共通点もあるのだ
 第八章 外見に注目
 第九章 女たちの目は優しいか?

第四部 ヒラリーとライスの政治信条と業績
 第十章 政治家としての仕事

─────────────────────
■著作権
著 者 岸本 裕紀子
発行年 2006年11月29日 第一刷
    2007年3月30日 第七刷
発行所 PHP研究所
─────────────────────
■著者紹介
岸本 裕紀子(きしもと ゆきこ)
慶応義塾大学法学部卒業後、集英社「non-no」編集部に勤務。ニューヨーク大学行政大学院修士課程修了。女性の人生を扱うエッセイの他に、政治・社会評論も手掛ける。
─────────────────────
↓興味がある方はぜひ読んでみてください。
【送料無料】ヒラリ-とライス

【送料無料】ヒラリ-とライス
価格:756円(税込、送料別)



 >>サイトマップへ
人気ブログランキングへいつも訪問ありがとうございます!
←よろしければ1日1ポチいただけると励みになります

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

オススメサイト

・IT本の紹介
・旬の話題でランキング!

応援御礼

応援ポチ励みになります
1日1ポチに感謝m(_ _)m

人気ブログランキングへ

相互リンク募集中

↓↓お気軽にどうぞ!↓↓

相互リンクはこちら♪

かんたん相互リンク

自動相互リンク

ヒラリーとライス アメリカを動かす女たちの素顔 (著:岸本 裕紀子) おすすめ本|社会人の勉強本/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる